ディンギーセーリング ロールタックは拳を振り出す?!

こんにちは

今日もセーリングのワールドカップを見てコーヒーで一服の朝がきました(-。-)y-゜゜゜(投稿している時点では夜ですが。。。)

ディンギーセーリングにおいて、軽風の場合、ロールタックはスピードを殺さないために、また、加速させるために重要な要素となります。

セーリングを長年続けている人には周知のことだと思いますが、改めてロールタックのポイントについてまとめましたので当ブログをお楽しみください。

ロールタックのポイントは

①船を傾け

②セールを出して団扇のように扇ぐ

この2つです

それではワールドカップの選手を例に詳しく見ていきましょう。

下の写真をご覧ください。拳が大きく外に出ていることがわかるかと思います。

拳をデッキよりも外に出すことで、シートを持つ位置がラチェットから離れ、タック後にセールを大きく外に出すことができます。セールを大きく外に出すということは、セールを大きく扇ぐことができるということになります。つまりタックのポイント②を満たすことができます。

加えて、ブームの後ろ側の部分をご覧ください。セールを最後まで引いてからタックをしています。風域によらず、セールは”めいいっぱい”引き込みましょう。

理由は

・タック中には風位に向くから(ダウンウィンドでセールを出すことの逆のことをしています)

・引き込むことで、タック後にセールにかかる風圧が最大限となり、タックト後に大きなヒールができる—>ロールタックのポイント①につながる

シートは風域によらず、最後までめいいっぱい引きましょう

さて、ここでタック後の映像をご覧ください。

よく見ると、エクステンションの端を握っていることがわかるかと思います。

タック後に握り替えたのではありません。タック前にあらかじめエクステンションの端を握っています。

タック後には体が反対側に向くため、元の通り、エクステンションを握る手とシートを握る手を入れ替えなければなりません。皆さんは、この入れ替えの際に結構もたつかないでしょうか?私はセーリングを始めたころは、毎回、この手の入れ替えで時間がかかっていました。実際は持ち替えでかかる時間はごくわずかです。しかし、スムーズにタック後に走り出すには、この持ち手の入れ替え時間をできるだけ減らしたいものです。

持ち替え時間を減らす方法 → それが、エクステンションの端を握ることなのです。

持ち替えの際は、エクステンションを脇のしたから体の前方に出してくる必要があります。エクステンションの真ん中を握っていると、この前方に出す際にエクステンションの端が脇腹に当たって、それ以上前に出せなくなります。こうなるとスムーズな持ち替えはできません。代わりにエクステンションの端を握った状態でタックをすると、脇の下をスムーズに障害なく体の前方に持ってくることができます。

皆さん、イメージしてください。

絵で説明すると難しいので(というか絵心がないので笑)、イメージしてくださいね。

ところで、エクステンションの端を持つことのメリットは、シートとエクステンションの持ち替えをスムーズにすることだけではありません。

端を持つことで、エクステンションとティラーのジョイント部が、デッキのセンターに来ることになります。つまり、タック後にラダーがまっすぐとなり、回転し過ぎを防いでくれます。さらには、ラダーが進行方向と平行に(まっすぐ)向くことで、ラダーにかかる水の抵抗を減少させることができます。

なんだか、エクステンションの握り方の話が長くなりました。

最後にまとめたいと思います。

ロールタックをするには

  • シートを握っている拳をデッキから出す
  • セールを、めいいっぱいま引き込む
  • エクステンションの端を持つ

の3つが大切な要素となるということです。

今回はここまで。

ご意見等ございましたら書き込み待ってます!!!